読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートサーベイのブログ

webアンケート「スマートサーベイ」です。消費者行動やアンケートの作り方について

ウェブアンケート調査を活用した調査リリース・コンテンツマーケティングを

アンケートといえば、「調査」「リサーチ」という言葉を思い浮かべる方が大半かと思いますが、意外とポテンシャルは高いものです。

 

今回は、「WEBアンケート調査ができる3つのこと」について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

1. リサーチ

まったくもって普通ですが、まず第一に「リサーチ」ができます。「調査」ですね。

「○○は洗練されていると感じますか?」といったブランドイメージ調査

「○○は知っていますか?」といった認知度調査

 

 などなど、「リサーチ」としての用途でできることは無数にあります。

→リサーチ:結果のデータから「洞察」を得る

 

 

 

 

2. リサーチコンテンツ

これはどういうことかといいますと、アンケートで調査した内容をそのままコンテンツとして、さらにいえば読者の方から喜んで読んでもらえるような「リサーチコンテンツ」を作成してしまおう!というものです。

 まさに、インバウンドマーケティングを進めるにあたって有効な手段となりますね。

 

例えばこちら。

 

 

ーーーーーー

f:id:smartsurveyblog:20131003150758p:plain

ーーーーーー

 

 

 

(引用元:ベンチャーナウ http://www.venturenow.jp/news/2013/09/30/2049_020931.html

 

というように、戦略PRとしてプレスリリースを発行しネットメディアに掲載してもらい、キーワード戦略に則って見つけてもらいやすいようにしたり、オウンドメディアに掲載して直接ホームページへの集客を図ることもできます!

 

→リサーチコンテンツ:ニュース材料として調査結果の「データ自体」を得る

 

 

3. リサーチプロモーション

こちらは前述の「○○は知っていますか?」といった認知度調査と表裏一体のものです。

それはなぜかというと、アンケート調査における「質問と回答」のアナロジーは「刺激と反応」だからなのです。

 

ーーーーーー

f:id:smartsurveyblog:20131003150252p:plain

ーーーーーー

つまり、

→ リサーチプロモーション:質問という刺激を与えて意識変容させ、「コンバージョンにつながる誘導」を得る

 

 

 

 

 

まとめ

 

1. リサーチ

→結果のデータから「洞察」を得る

2. リサーチコンテンツ

→ニュース材料として調査結果の「データ自体」を得る

3. リサーチプロモーション

質問という刺激を与えて意識変容させ、「コンバージョンにつながる誘導」を得る